どうしていつも何かに追われる!?日々の生活に余裕が生まれる時間短縮術

「どうしてこんなに時間がないの?」現代人のほとんどの人がそう思っているのではないでしょうか。余計な情報ややることにふりまわされないで、上手に時間を使いこなす方法とは?

人は一年に150時間、探しものをしてる!?

あれがない、これがない。使いたいものが見当たらなくて、やりたいことの前に探しものに没頭。ストレスの溜まる、無駄な時間です。基本は、整理整頓。余計なものは置かず、いつも使うものを目につく場所にわかりやすく収納しましょう。また、「使ったら戻す」、これが基本。家族にもこの習慣を徹底させましょう。でないと、探しものに時間を泥棒されてしまいます。

テレビをリビングから追放してみる

ぼーっとテレビを観る時間。気づくと、1~2時間があっという間に経過します。そのときは楽しくても、テレビを消してしまえば次の日にはすっかり忘れている。振り返ると、あまり意味のない時間を過ごしているのかも。ちょっと荒療治ですが、やる気のある人は、思い切ってテレビそのものをなくしてみてはどうでしょう?生活に、これまでなかった“隙間”が生まれます。

フェイスブックやLINEにはまってしまうときも、スマホやパソコン、タブレットから離れる時間を持ちましょう。時間を豊かに使うには「バーチャル」から離れ、「リアル」に身を置いて過ごすことも大切です。

働く主婦に耳よりな話 家事を効率よくこなす、おいしい知恵

最近は共働きも一般的になってきましたが、ナースや介護士などハードワークをこなしながら家事や育児をこなす主婦も少なくありません。やることが多いからこそ、ひとつひとつの仕事を無駄なくこなしたいもの。ちょっとしたヒントで、能率はあがります。

掃除編

使ったときにさっとそうじ
お風呂やトイレ、洗面所などは、使ったときにさっときれいにする習慣をつける。そうすることで、掃除をいちいち時間をかけてやる手間が省けます。

モップやハタキ、ほうきは、目に見えるところ、手に取れるところに置く
ほんのちょっとした時間で、気軽に目につく汚れや埃をとることができます。20秒~30秒あれば、きになるところがきれいになります。

ものを減らす。シンプルな収納
ものが多いと、整理をしたり片づけたりする時間も比例して増えます。すっきり、必要なものだけをわかりやすく収納することで、整理整頓の負担が減ります。

料理編

料理は平行作業が大切
ごはんの支度は、「ながら作業」を行いましょう。フライパンを温めている間に、テーブルのセッティングをする。スープに火を入れながら、調理道具の洗い物をすます、など。空いている1分や10秒の間でもこまかな作業を数こなすことができます。リズミカルに効率をつかんでいくことが、料理の楽しさにもつながっていきます。

いっきに作る
料理は、時間のある週末などに、いっきに多めの量をつくっておきます。小分けにして冷凍にしたり、残ったものを次の日別メニューに応用したり。毎日一から少しずつ作るよりも手間が省けると同時に、多めに作るほうがおいしくなります。

宅配サービスを利用
ラディッシュぼうやや生協など、毎日買い物に行かなくてもすむ宅配サービスを取りいれると便利。最近の宅配は、解凍するだけのお惣菜やレトルトなどもおいしく安全に作られていますから、安心して利用できます。

「やることに追われる生活」ではなく、うまく時間を使いこなして心に余裕をとり戻す。潤いある日常生活を送りましょう。

患者に対して一生懸命看護する天使たち

どこの看護婦でも患者に対して一生懸命看護します。
足を骨折してしまった場合は自分で満足に動くことが出来ないのでものを落としたら拾ってくれたりトイレには車いすを持って付き添いをしてくれることでしょう。

後は夜になるとどうしても不安になりますので患者さんが眠りにつくまで側に居てくれます。
もしもガンだった場合は呼吸器官が損傷していていに優しい食事でも大きいままだと上手く飲み込むことが出来ませんので看護婦が初めに食べて噛み砕いて小さくしてから患者さんの口に運んでくれます。

食事を噛み砕くというのは咀嚼率が弱まってくる高齢者に対しての食べさせ方なのですが呼吸器官が損傷していれば年齢問わずに若い世代でも看護婦が食べさせてくれるのです。
それだけではありません。

体も心も病んでいて中々心を開くことが出来ない患者も居る事でしょう。

それでは何故心が病んでしまったのでしょうか?その理由を少し探ってみたいと思います。

家庭で夫の仕事が上手くいかずにストレスの発散として父親から暴力を振るわれたから
友達と大事な約束をしていて自分は時間通りに約束の場所に来たのに相手が中々来ない=裏切られた
何をするにも自分の意見があるというのに先に両親が決めてしまって口答えを少しでもすると「お前はお人形さんなのだから黙って言う事を聞きなさいと言われる
以上の3点が心が病んでしまう原因なのです。
一度病んでしまったものは、どんなに優れた名医でも中々治すことは出来ないと思います。

中々治せないと分かると寂しいことに放置して閉ざしてしまった心を開いてくれようとはしないんですよ。

しかし看護婦だけは間違いなく見捨てることはしないでしょうね。

毎回病室に来ては他愛もない話などをして開かせようとしてくれます。

それだけではなく自分が何故閉ざしてしまったのか?その原因を最後まで聞いてくれて全てを受け入れた後で頭を撫でながら「辛かったね~」と言って抱きしめてくれるのです。
その後も様子を伺いに来ては身の回りの世話をしてくれます。

何と手厚い看護なのでしょうか?体だけではなく心まで癒してくれるとは非常に優しいですね。
そんな手厚い看護をしてくれる看護婦なのですが年々減少している傾向にあります。

一昔前までは数が非常に多くなっていたのに最近は数が減少しているのです。
理由としては高齢化でしょうね。

ニュースでもよく見られているように世話をするのが役目なのですが次第にストレスが溜まっていき高齢者に暴力を振るうのですね。

しかも髪の毛を抜くや足の爪を折るなどといった度を越した暴力で病院を追放されたり○ヶ月ほどの謹慎処分を受けたりしています。

謹慎処分を受けた場合は長い期間を経て復帰できるというのにどうやら辞めてしまうのです。
これらが年々減少している理由かもしれません。

従いまして高齢化という難題を解決すべくリソースナースが結集して理想だった昔の病院へと再生すべく日夜努力をしています。

看護婦になるには一体どうすれば良いのでしょうか?

高校卒業後

高校3年生にもなってくると進路があります。
大半の学生は、この進路で悩むことでしょう。
ですが看護婦一本ならば沢山の専門学校がありますので自分が行きたい専門学校に進学します。

専門学校には大きく分けて3つあるのです。
少し道を逸れますが専門学校を説明文を添えて紹介しますね。

看護専門学校

沢山の医療用語を学習したり人命救助などの実践などを経験できます。

短期大学

学生同士がペアになり一方が足を骨折して運ばれてきた患者という設定で、いかにしてトイレに連れていくか?どのようにしてお風呂に入れるか?という方法を学びます。

また学んだことをしっかしと活かせているかどうかの実践があるのです。
更に実践に対して模範解答がありますが工夫して自分なりのやり方を見いだす発想力も試されるかもしれません。

看護大学

こちらは実践はないのですが高度で医学の世界では頻繁に使用するとされている高度な用語ばかりを習います。
そして受付での患者に対する対応も教えてくれるのです。

医療用語と実践を繰り返し覚えていく為にも専門学校を卒業してから短期大学に通うと良いです。

後は国家試験に向けて猛勉強する事ですね。
見事国家試験に合格すれば晴れて看護婦となれることでしょうね。